日本花資格各種検定・資格発行、普及・デザイン開発等

フラワーデザインとは    



フラワーデザインとは
花、葉、枝など、植物を素材としたあらゆる造形表現を意味します。
花、葉、枝など、植物を素材としたあらゆる造形表現で、目的に応じてあらゆる生活空間の中にとりいれ、生かすこと楽しむ。
さらにそれらの素材に自己の世界を創り出す。 JFLAはフラワーデザインを下記のように定義しています。
1. 花、葉、枝など、植物を素材としたあらゆる造形表現を楽しむ。
2. 目的に応じてあらゆる生活空間の中にとりいれて役立てる。
3. 植物の生命感で、心と体のリフレッシュに役立てる。
4. 植物の香り色にから、心理や行動にやる気を働きかける。
花やグリーンは、それらの時代から①宗教行事の象徴 ②病気の治療 ③魔除け ④美容と芳花など そのころから日常生活に大切な役割をはたしていた。

20世紀初頭には、日本の生け花から葉や茎のラインの使い方を受けた花とグリーンはフラワーフォームが紹介され、 また新しい栽培方法が導入されたくさんの花やグリーンは人々からいっそう求められるようになりました。現在では、様々な分野に活用されています。
花をデザインすることによって、その美しさをいっそう引き出すことです。
見た目の美しさだけではなく、さまざまな点で質の良さを考えなくてはなりません。 色彩、形、大きさ、テクスチャー、全体の調和やまとまりなど。 構成 外観 素材 組み立てがフラワーデザインの構成要素です。